読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

札幌 学生 ヨガ

札幌 学生 ヨガ

札幌 学生 ヨガ

 

ヨガとは

 

ヨガ(Yoga_pronunciation.ogg listening)、ヨガ)は古代インドで生まれた伝統的な宗教的実践であり、心身を精神的に管理し、精神を古代インドの人生の究極の目的と統一します。「離脱 1)[2]。 ヨガとしても書かれています。 中国語の翻訳はYu Gai(Yuna)です。

1990年代後半から世界的に普及している身体的ポーズ(アサナ)を中心としたフィットネスに似た「現代のヨガ」は、宗教的色を除く身体運動として行われていますが、「ヨガ」はインドの宗教に深く結びついており、 バラモン教ヒンズー教仏教ジャイナ教の方法[3]。 ヨガは現代のインディア・カトリック教会でも採用され、クリスチャン・ヨガとして練習されている[4]。

 

札幌について

<札幌>

国の最北端の条例指定都市であり、北海道の全人口の約30%(約36%)を占める全国都市(東京特別区を含む)の中で第5位の人口を誇っています。北海道の主要都市では、札幌大都市圏を形成しています。

1869年(明治2年)にアイヌ人が住んでいたエゾ地帯を北海道に改称し、札幌本店の設立は先駆的な仕事[1]の設立から始まりました。 1875年(明治8年)、最初のトゥンジャ兵は和解した。札幌の建設計画は当時の石島義春によって構想されたものであり、京都を参考にした都市計画は、イノベーションブリッジの東側の起源、東と西の川、北部の北部国の北部の一部[2] [3] [4](現在の南北の主軸は大通公園[5]です)。その後、近隣の町や村と合併し、市街地を広げました。

1972年(昭和47年)、アジア初の冬季オリンピック札幌オリンピック)が開催された[6]。国際スキー連盟国際大会やアジア冬季競技大会国際大学スポーツ連盟が主催するウィンターユニバーシアード競技大会、FIFAワールドカップFIBAバスケットボールワールドカップ、世界ラリー選手権など、多くの国際大会も開催されています。札幌市としては、国際会議観光都市として認定された様々なイベントや展示会、企業会議、インセンティブ旅行などのアトラクション&ホールディング(MICE)に積極的に取り組んでいます。

毎年1300万人もの観光客が訪れる観光都市である[8]、毎年市立魅力度ランキング調査でトップランクの都市です。 2013年(平成20年)にユネスコ国連教育科学文化機関)が創設したクリエイティブシティネットワークのメディア芸術都市の分野で第2都市(アジアでは第1都市)で認定された[10] [11] ]。

2026年の冬季オリンピックのために走る意図が発表された[12]。
都市名の由来
もともと、「札幌」とは、アイヌの人々が豊平川に付けた名前であり、その流路の周りの地名に転用されたと言われています。元Toyohira川は乾期に水量が極端に少ない川だったから "土地だったから"という理論であるため、起源はアイヌのポロです。 )と、それが「サリー・ポロ・ペット」という説、葦が広大な川であるという説[1]。